左:本館「万里荘」
右:貴賓館「長風閣」

「白雲楼ホテル」のシンボルともいえるスペイン瓦葺きの本館。

昭和初期の和風旅館建築の典型とも言える貴賓館。
昭和天皇が宿泊した歴史を持ち、格式の高い空間が広がります。
「白雲楼ホテル」正面広場全景

本館と貴賓館の2つの異なる様式の建築が絶妙な調和を見せています。たびたびパンフレットの表紙を飾った定番のアングルです。
旧白雲楼ホテル   本館「万里荘」、貴賓館「長風閣」

昭和12年(1937) 設計:中村一秀(大林組)                                   もどる
inserted by FC2 system